google-site-verification: google497c408e94878f19.html
光の子育て
生きる力のたっぷりな子になーれ!
中学・高校生の光

「現在形」と「未来形」の魔法?

中学生と口論になったら勝ち目がありません。

とんでもないことを言って食ってかかってきますから。

母:「やったでしょ?」

子:「やらないよ!」

 

母:「言ったでしょ?」

子:「聞いてない!」

 

母:「約束したじゃない」

子:「えっ?そうだっけ?覚えてない」

 

母:「もう、あてにならないんだから…。」

子:「本当に知らないってば。やってないし。聞いてない。

お母さんの方がやばいんじゃない?記憶。」

母:「……。」

このころの子どもは、起きてしまったことに何を言っても

まるで効き目なし。

こちらがイライラするだけで

結局はなんの解決も生まない…。

 

そこで提案です。

過去形を使うことを極力控え

現在形未来形で指導する。

過去に生きがちな大人とは対照的に

思春期を迎えた若者は現在未来に生きているので

過去のことを言ってもピンと来ません。

 

口論や会話の行き違いの原因の多くは

「意見の違い」や「見解の違い」ではなく

住んでる時限の違い」からくるものです。

何か正さなければいけないことが起きた時

起きてしまったことを責めるのではなく

  1. その「現状」を伝える。(現在形
  2. そして「次に同じことが起こらないために何ができるか」を話し合います。(未来形

例えば:

「約束を忘れて友達を怒らせてしまった。」(過去形)時には

「約束を忘れたために友達が怒っている。」(現在形)ことを認めさせます。

 

そこから

「今から電話して謝ろう。」(未来形

「次から忘れないために約束表を作って壁に貼ろう。」(未来形

 

という形で導いてあげると

子どもは素直に従うことができます。

この年代の若者は

言葉や態度に表さなくても

間違いを犯したことはこころの中で感じているものです。

 

そこをあえて責められたり、くどくどお説教されることを繰り返しているうちに

大人に対する信用を失ってしまった若者達を

私はたくさん見てきました。

 

「現在形」と「過去形」の教えは

繊細な若者の気持ちを汲んだ、優しさのこもった教えです。

間違いを許す、慈悲の気持ちの表れです。

 

若者はその慈悲の気持ちに導かれて

再び「光」を放ち始めます。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
内山千晶
オレゴン州ポートランドのシュタイナー学校で、小・中学生に20年間日本語を教えてきました。今は教頭として、ポートランドの子どもたちだだけでなく、親御さんや先生方、学校、地域、そして米国ワルドルフ教育全体のサポートをしています。 シダーウッドワルドルフ学校教頭。 アンティオック大学教育部修士課程。 上級ワルドルフ教師のための治療教育課程。 北米ワルドルフ学校協会、学校代表。 北米ワルドルフ学校日本語教師のための研修主催者 人智学精神科学・教育学部門・天文学部門会員。 空間ダイナミックコース終了。 星智学のワークショップ、研修主催。 星智学リーディング。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google-site-verification: google497c408e94878f19.html