google-site-verification: google497c408e94878f19.html
光の子育て
生きる力のたっぷりな子になーれ!
小学生の光

悲観的?泣き虫?「地」の子どもが地球を癒す!

「地」の気質を持つお母さんからのご相談です。

「ささくれとか小さな擦り傷が気になって、なかなか他のことが見えません。『大丈夫』って言っても、かえって泣き出す始末。」

「小さい時から怖がりで私のそばをなかなか離れませんでした。いつも遠くから眺めているばっかりで…。『挑戦』とかは無理」

「小さなことですぐ、『くよくよ』『メソメソ』するので、こっちがイライラしてしまいます。」

「新しいことになれるのにすごく時間がかかるんです。慎重で…。」

「お友達の中にもなかなか入っていけないんです。モジモジしてるばかりで。励ましても背中を押しても、何の役にもたちません。」

「男の子なのに、今からこれじゃあ先が心配…。いけないかなって思っても、つい『男の子でしょ』って言いたくなってしまいます」

「子どもなんだから、もっとあっけらかんとしていてほしい。家族はみんな明るいタイプなのに、どこからこの暗さが身についちゃったのかしら…。」

 

私も上の子が「地」の気質を持っていたので

これらのお母さんたちの気持ちがとってもよくわかります。

 

子どもには前を向いて果敢にチャレンジしていって欲しい。

なのに「地」の子どもは、まるで成長したくないかのように

世の中が恐ろしいところであるかのように

生きているのが辛いかのように振舞います。

 

子どもが周囲に溶け込んでいけないために

お母さんまで大人の輪に入っていくことができなくて、残念な思いをしたり。

周りがイライラしてしまうことも少なくありません。

すると「地」の子はますますかたくなになって

辛さを訴えてくるので、まったくラチがあきません。

 

周りは先に進もうとし、「地」の子はそこに留まろうとする。

このままでは「地」の子は誰からも取り残されてしまいますね。

この気質の子どもを持って、途方に暮れてしまう親御さんも少なくありません。

 

この気質の子どもは「鉛(なまり)」のような性質を持ちます。

水が流れていこうとする中で、鉛は水中にとどまって動こうとしません。

風に吹かれてもビクともしません。

ありがちな会話例:

子:「傷が痛いよ」

母:「あの昨日のでしょ?小さい傷だから大丈夫だって。血も出てないし。そんな小さいことでくよくよしない。ほら、あれ面白そうだよ。行ってみようよ。たーのしいぞー!」

子;「やだよ。行きたくないよ。」

母:「平気平気、全然怖くないよ。せっかくなんだから。さあ、勇気だして行こ!やってみたらぜーったい楽しいから。お母さんが一緒にいてあげるから!」

子:「やだってばー!えーん(泣き出す)。」

これは典型的なパターンで、母と子が「綱引き」のように

互いに反対方向に引っ張りっこしています。

この「綱引き」をすると、子どもはますます「鉛」のように重くなって固執するという

悪循環を起こしてしまいます。

オススメの会話例:

子:「傷が痛いよ」

母:「どれ、見せてごらん?ああ、ほんとだ。痛いねー。ちょっとまだ赤いもんね。血出てないけど、『安心の絆創膏』貼っとく?」

子:「うん、貼っとく」

母:「はい。ちょっとは良くなった?」

子;「うん。もう痛くなくなったよ」

母:「よーし!ねえ。お母さんあれやってみたいけど、できるかちょっと心配。一緒にやってくれる?XXXちゃんが一緒だったら、できる気がする。」

子:「うん!ボクがいてあげるから大丈夫だよ!」

母:「助かるね。ありがとう」

この気質の子は自分の痛みを通じて、人の痛みを理解します。

そのため、他に気質にはみられない、人に寄り添うような優しさを持ちます。

「地」の気質に合っている職業:

医者、看護婦、セラピスト、カウンセラー、ヒーラー、獣医、介護士、福祉関係、学者、哲学者、作家、詩人など。

おすすめダイエット:塩分を控える。時々甘いものをあげる

塩分は「地」の子を重くしがち。ちょっと控えめにしましょう。

糖分は気分を高揚させる働きがあるので

「地」の子どもの痛みや悲しみを和らげます。

取りすぎにならない程度なら、大好きなスイーツを楽しませてあげて大丈夫です。

 

ここで、「地」の気質の「光」を上手に引き出すためのコツをまとめてみましょう。

  1. 短時間でもいいから「時間を止めて」その子の痛みのために時間を使う。
  2. その子の痛みをしっかり認める(過小評価しない)
  3. 機会を見つけて、助けやお手伝いを頼む
  4. その子を頼りにする、「ありがとう」をつたえる

ここで気をつけたいのが、痛みに対する同情レベルです。

うわべだけの「痛いね、かわいそうね」は絶対に効きません!

鉛の子を持ち上げるにはその子と同レベル、もしくはもう一段深いところからのアプローチが大切です。

「地」の子どもは世の中の痛みを代弁する使命を持っていますから

誰か他の人がその痛みを代弁してくれたら

彼らはその使命から完全に解放されることができるのです。

 

優しくて、思慮深く、知性も高い「地」の子どもたち。

彼らは世の中の痛みを代弁し、理解し、癒す存在になるために生まれてきました。

地球全体が癒しを必要としている今、彼らの役割の大きさは計り知れません。

その子の「光」を見据えて、しっかり伸ばしてあげたいですね。

「ありがとう」の言葉が彼らに動機を与えます。

 

応援しています。

 

 

ABOUT ME
内山千晶
オレゴン州ポートランドのシュタイナー学校で、小・中学生に20年間日本語を教えてきました。今は教頭として、ポートランドの子どもたちだだけでなく、親御さんや先生方、学校、地域、そして米国ワルドルフ教育全体のサポートをしています。 シダーウッドワルドルフ学校教頭。 アンティオック大学教育部修士課程。 上級ワルドルフ教師のための治療教育課程。 北米ワルドルフ学校協会、学校代表。 北米ワルドルフ学校日本語教師のための研修主催者 人智学精神科学・教育学部門・天文学部門会員。 空間ダイナミックコース終了。 星智学のワークショップ、研修主催。 星智学リーディング。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google-site-verification: google497c408e94878f19.html